マインドセット研修「TOP GEAR」

成果にこだわる社会人になる
マインドセット研修「TOP GEAR」は、
「成果にこだわる社会人」のマインドを獲得する
内定者・新入社員向けの研修です。
配属先で軋轢を生まないために
業種・職種問わず、社会人が最も求められることは「成果へのこだわり」です。
報酬を得る以上、求められた成果にこだわることは社会における原則です。
一方で入社早々にこの原則を理解し、体現できる新入社員は多くはありません。その結果、配属先で顧客や上司との軋轢を生んでしまうこともあります。
だからこそ、私たちは新入社員研修において、成果にこだわる社会人のマインドを獲得頂くことが重要だと考えています。
成果にこだわる社会人のマインドとは
当社は10年以上に渡り、あらゆる業種の人事ご担当者様と「成果にこだわる社会人のマインド」について議論を重ねて参りました。その上で、新入社員の段階で求められるものとして定義したものが、下記の価値観です。
新入社員がこれらについて、「価値があるもの」だと強く認識することが重要だと考えています。

新入社員に求められる
価値観(一部)

  • 「成果へのこだわり」が社会人としての基本
  • 「一生懸命さ」が成長の原動力
  • 「基本動作の徹底(挨拶・報連相・時間管理)」が信頼関係の土台
※上記以外の価値観についてはサービスご案内資料に記載しております。ご問い合わせください。
なぜ、価値観に注目するのか
価値観とは、人の行動・判断を司るものです。言い換えれば、人は価値観に応じた判断・行動をとります。
例えば「成果へのこだわり」に価値を感じている人は、「成果を出すための計画を立てる」という判断をし、それを行動に移します。一方で、 「成果へのこだわり」にそれほど価値を感じていない人は、そのような判断・行動ができず、成果が出ない可能性が高くなります。
価値観
判断
行動
「認知モデル」
ストレスマネジメントで用いられる概念。認知行動療法として医療においても広く用いられている。
個人がどのような価値観を持つかは自由ですが、学生から社会人に立場が変わるうえでどの業種・職種においても求められる価値観が、前述の価値観です。新入社員がこれらを「価値があるもの」だと強く認識し、本人の価値観がシフトすれば、現場配属後にそのための判断・行動を自ら行える可能性が高まります。
新入社員に求められる価値観を獲得する方法
マインドセット研修「TOP GEAR」では、ビジネスの要素が濃縮されたオリジナルの体感型プログラムを実施します。
新入社員の方々には「成果を出す」ことにチャレンジ頂きます。
プログラムは「新入社員に求められる価値観」の体現度に応じて成果が変わる仕様になっており、新入社員それぞれがどのレベルで価値観を体現できているのかが明らかになります。その上で、個々人の状態に合わせた指導をインストラクターが行い、体現できるようになることを目指します。
研修は2泊3日の合宿研修をベースにご希望に応じて設計致します(半日から実施可能です)。詳しくはお問合せ下さい。
お問い合わせ
プログラム体験会のお知らせ(不定期)や、導入企業の事例レポートのご案内は
お電話またはWEBにて、お気軽にお問い合わせ下さい。
導入社数700社、受講者数1万人
マインドセット研修「TOP GEAR」の導入社数は700社、受講者数は1万人を超えました。(延べ数)
10年以上に渡り、大手企業からベンチャーまで様々な企業の導入研修としてご利用頂いております。
幅広い企業で導入
幅広い業種・企業規模の企業に導入頂いております。下記以外の導入事例や人事ご担当者様の声もございます。
お気軽にお問合せ下さい。
導入企業
PAGE TOP