東京商⼯会議所主催『外国⼈材活躍⽀援⼒向上セミナー』に弊社代表の稲垣が登壇いたします

近年日本で働く外国人労働者は、毎年15~20%の増加率で、2020年は過去最高の172万人を超えました。コロナ禍という影響はあるものの、今後もまだまだ外国人労働者が増えると予想されます。

そこで今回は東京商工会議所主催のセミナーにて、「外国人材の雇用に興味・関心がある・すでに外国人を雇用している経営者・ご担当者」や「登録支援機関の経営者・ご担当者」に向けて、外国人材の活躍・定着のため、企業・登録支援機関に求められる支援や必要な知識・ノウハウについて、異文化理解や人材マネジメントの観点から、弊社代表の稲垣が解説いたします。

≪内容≫
-人事担当者・登録支援機関が知っておくべき国家間の暗黙知のギャップ、日本文化の特異性
-定着する外国人材の見極め方・留意点
-外国人材の受入体制の工夫
-企業と登録支援機関が連携して行うべき外国人材活躍支援とは

≪開催概要≫
【日 時】 2021年09月29日(水)〜2021年10月20日(水)
【会 場】 オンライン・動画配信型
【参加費】 無料
【対 象】【東京商工会議所会員企業限定】経営者・役員・人事労務担当の方、登録支援機関の経営者・担当者の方
※詳細・お申込みは、専用サイト(https://event.tokyo-cci.or.jp/event_detail-108895.html)よりお願いいたします。

【講師】稲垣 隆司  株式会社エイムソウル代表取締役 PT. Bridgeus Kizuna Asia Director

同志社大学卒。急成長したベンチャー企業で人事部責任者を務め、年間600名の新卒採用の仕組みを作る。2005年株式会社エイムソウルを設立し350社を超える顧客の人事課題解決に取り組む。2014年インドネシアに進出。日系企業に特化して人事課題解決に取り組む。現在、HRプロにて「日本流グローバル化への挑戦」を執筆中。

PAGE TOP