【無料レポート3】ダイバーシティ&インクルージョンの推進に関する意識調査レポート ~外国籍人材が就労する職場における多様性・受容の実態、上司がマネジメントする際の有効な支援行動を明らかにする~


外国籍人材が就労する職場におけるダイバーシティ&インクルージョンの実態と上司がマネジメントする際の有効な支援行動を明らかにすることを目的に実施しました。日本での在留・就労経験のある外国籍人材を対象に、2020年6月から7月にかけて調査をおこない、最終的に全34カ国・223名の有効回答数を得ています。

外国人材の採用や受け入れ職場、上司の育成に活用頂ける情報がまとまっていますので、ぜひ参考にしてください。


・外国籍人材の約60%が「日本の職場は公正で配慮がある」と回答。ただし「公正さと配慮がどちらも不足している」と感じている人も約10%
・外国籍人材の74%が就労している職場に愛着
・外国籍人材にとっては日本人の上司よりも外国人の上司の方が満足度が高い
・外国籍人材に対しては食事や飲み会などのインフォーマルな場に誘うことが効果的
・外国籍人材は挨拶や掃除など日本人にとっての基本動作や規律に対して高く評価
・外国籍人材は日本企業の古い体質・組織文化は強い違和感を感じやすい



PAGE TOP