【お知らせ】米倉誠一郎氏、正木郁太郎氏の顧問就任

採用支援コンサルティング事業、教育支援コンサルティング事業を展開する株式会社エイムソウル(本社:東京都品川区、代表取締役:稲垣隆司、以下、当社)は、一橋大学名誉教授、法政大学大学院教授、認定NPO法人e-Education、認定NPO法人クロスフィールズ、認定NPO法人アフリカゾウの涙などのアドバイザーを務める米倉誠一郎氏(ハーバード大学Ph.D)が、特別顧問に、東京大学大学院人文社会系研究科研究員 社会心理学博士 正木郁太郎氏が顧問に、2019年4月1日付けで就任したことを、お知らせいたします。

当社では今後、外国人雇用における人事課題を解決すべく、米倉氏の持つイノベーション研究についての知見、そして正木氏の持つ社会心理学・ダイバーシティ研究についての知見を基にサービス展開を進めて参ります。第一弾として、外国人の採用時における適性検査「CQI」、そして組織診断「OCS」を広く展開し、「すべての人に、生きがいを」というコーポレートミッションを推進してまいります。


米倉誠一郎氏プロフィール
1981年一橋大学大学院社会学研究科修士課程修了。1990年、ハーバード大学にてPh.D.(歴史学)を取得し、1997年より一橋大学イノベーション研究センター教授。1999~2001年および2008~2012年3月まで、同センター長。2012〜2014年までプレトリア大学ビジネススクール(GIBS) 日本研究センター所長を兼務。現在、法政大学、一橋大学の他に、Japan-Somaliland Open University 学長も務める。企業経営の歴史的発展プロセス、とくにイノベーションを中心とした経営戦略と組織の史的研究を主たる研究領域としている。経営史を専門とする一方で、関心領域を広く保ち、学際的であることを旨としている。季刊誌『一橋ビジネスレビュー』編集委員長、及びアカデミーヒルズにおける日本元気塾塾長でもある。『経営革命の構造』(岩波新書)、『創発的破壊:未来をつくるイノベーション』(ミシマ社)『イノベーターたちの日本史:近代日本の創造的対応』(東洋経済新報社)、『松下幸之助』(ミネルヴァ書房)など、著書多数。


正木郁太郎氏プロフィール
2017年東京大学大学院人文社会系研究科博士後期課程修了。博士(社会心理学)。2017年~2019年まで、東京大学大学総合教育研究センター特任研究員。2019年4月現在、東京大学大学院人文社会系研究科研究員のほかに、成蹊大学・横浜国立大学非常勤講師など。また、人事・組織に関する研究やHR Techの領域で、民間企業からの業務委託や、アドバイザーなどを複数兼務。組織のダイバーシティに関する研究を中心として、社会心理学や産業・組織心理学を主たる研究領域としており、企業現場の問題関心と学術研究の橋渡しとなることを目指している。著書に『職場における性別ダイバーシティの心理的影響』(東京大学出版会)がある。


異文化適応力検査「CQI」「OCS」について
近年日本で働く外国人労働者は、毎年15~20%の増加率で、2018年は過去最高の140万人を超えました。今後新しい在留資格も創設され、まだまだ外国人労働者が増えると予想されます。そこで自社で活躍する外国人を見極め、異文化適応力を検査する「CQI」「OCS」を開発いたしました。応募者の適性を正確に把握し、日本文化へのカルチャーフィット度、異文化に対応するカルチャーアダプテーション力を測ることで、早期離職を防ぐことができるようになりまぐことができるようになります。


会社概要
社名:株式会社エイムソウル / AIMSOUL inc.
設立:平成17年7月7日
所在地:140-0014 東京都品川区大井1-24-5 大井町センタービル7階
代表者:代表取締役社長 稲垣隆司
資本金:1000万円
会社HP:https://www.aimsoul.com/

▼お問い合わせ先
株式会社エイムソウル(担当:西嶋)
https://www.aimsoul.com/contact/

PAGE TOP