【セミナーレポート3】
技能実習・特定技能・高度外国人材の 獲得と活躍する土台作り〜採用難・人手不足が加速する 2030年に向けて日本企業の採用・組織はどうあるべきか〜

当社にて実施した特別講演会のレポートです。
今、日本は深刻な人手不足に直面しています。その一方で、グローバル経済では他国から大きく後れを取り、緊急対策を必要としています。
そこで注目されているのが、2019年4月から新たに運用が開始された特定技能、そして技能実習生、高度外国人材を含む人材獲得やその活用方法です。果たして、外国人材を最大限活用しグローバル経済からの遅れを取り戻すには、今、日本企業には何が求められているのでしょうか?

当社では『技能実習・特定技能・高度外国人材の 獲得と活躍する土台作り〜採用難・人手不足が加速する 2030年に向けて日本企業の採用・組織はどうあるべきか〜』と題して、一橋大学名誉教授 米倉先生、昨今の外国人採用に精通されている、㈱TSUTAYA IT本部 SREユニットユニットリーダー兼オフショア開発室 ユニットリーダー 畝岡 健氏、特定行政書士 東京都多文化共生コーディネーター 鈴木 美津子氏をお招きし、特別講演会を実施しました。

当日は100名にのぼる人事・経営担当者の方にお越しいただきました。
基調講演第一部・第二部とパネルディスカッションを含む2時間にわたる特別講演会の概要を、無料レポートとしてダウンロードしていただけます。
外国人採用をはじめとした、今後の採用計画への参考材料としてお役立てください。



PAGE TOP