ニュース一覧

【メディア掲載】月刊人材ビジネスにて当社代表インタビュー記事が掲載されました

人材ビジネス業界の専門誌である「月刊人材ビジネス」2018年2月号(2月1日発行)にて、当代表取締役・稲垣隆司のインタビュー記事が掲載されましたのでお知らせします。

同誌の「Face Of Top」と題したコーナーにおいて単独インタンビュー記事が掲載され、その中で、当社の企業理念である「人と組織に熱き想いを」への取り組み、事業の展望などについて述べています。詳しくは本文をご覧ください。

すべての人に、生きがいを
人を想う熱さが、人の生きがいを強める

私の仕事観
 「人と組織に熱き想いを」―当社が「私たちのスタンス」として大事にしている言葉です。企業の人材活性化にたくさん関わる中で気づいたことは、活躍する人を育てるには「人を想う熱さ」が重要だということです。自分を想ってくれている人から「必要とされている」と気づいたり、何かを「成したい」という気持ちに火がつけられたり、私にも「出来る」と背中を押されることで、人は一歩踏み出してチャレンジし、「生きがい」を高めていきます。そんな関係性をつくるベースにあるのが「熱き想い」です。熱き想いを世に広め、すべての人が生きがいを感じられる世の中にしたい、それが当社のミッションです。

最近思うことあり
 一方で最近の日本では、相手の気持ちに踏み込んだ関係性づくりがしづらくなってきているという声をよく聞きます。ネットで要件のみ伝えるコミュニケーションが増えたことが原因でしょうか。しかし、一歩日本の外に出てみると人種・国籍・民族・宗教と日本にはない様々な壁があるにも関わらず、人を想う熱さを持てば強くつながる、というのが私の成功体験です。これから日本の組織も更に多様化していくでしょう。だからこそ、人を想う熱さが重要だと実感しています。

未来に向かって
 国内の展開以外に、現在インドネシアに進出している日系企業の人材採用・育成支援に力を注いでおり、2020年をめどにASEAN諸国における日系企業支援で実績を上げるのをひとつの指標としています。いずれこの想いを世界中に広めたい。しかし「すべての人に、生きがいを」というミッションは壮大で、私の世代で実現することはできないでしょう。だからこそ小さな一歩でも前に進み、「熱き想い」を引き継ぐ仲間にバトンを渡していきたいと思っています。

出典:「月刊人材ビジネス」2018年2月号

PAGE TOP